ビットコインを賭けるネット上のカジノ

ビットカジノ(Bitcasino)はビットコインを賭けてプレイするネットカジノです。

 

 

このネットカジノ(オンラインカジノ)はオランダ領キュラソーのゲームライセンスをもって2013年に運営を開始し、2018年からは日本語でも問題なくプレイできるようになりました。

 

  1. ビットコインで入金する
  2. ビットコインでプレイする
  3. ビットコインで出金する

 

と、すべて入金〜出金まですべてビットコインで行えるのが特徴です。

 

 

でもちょっと思いませんか?

 

そもそもビットコインって、単位がデカいです。
それに価格が流動的。

 

2019年7月現在、1ビットコイン(1BTC)は約100万円です。

 

※以下、1ビットコイン(1BTC)=100万円(2019年7月のレート)を前提に進めます。

 

1BTCとか、0.5BTCという単位なら問題ありませんが、
100万、50万なんて金額を一回の勝負で使うはずがなく、、

 

例えば500円でベットしようと思うと、0.0005BTCってことになります。

 

0.0005BTCとかって・・・

 

ビットコイン表示だと、もはやいくらベットしてるのか分からなくならないか・・?

 

 

おそらく金銭感覚が感覚が麻痺すると思うんです。

 

 

・・その辺の不安を抱えつつ、、
話題のビットカジノをビットコインで賭けてみました。

 

 

実際にビットコインで賭けてみる!

ビットコインでの残高表示に関して

 

とりあえず約5000円分ビットコインを入金してみました。

 

1BTC=100万円なので

 

5000円分だと・・・「0.005BTC」になります。
これをビットコインでそのまま入金しました。

 

 

結果・・

 

(入金後の私のビットカジノの残高表記)

 

 

5000μBTC

 

という表記になっていますね。

 

 

あ、そうかμ(マイクロ)表示の手があったか!

 

ミリは「1/1,000」、マイクロは「1/1,000,000」 なので、

 

  • 1BTC(1ビットコイン) → 100万円
  • 1mBTC(1ミリビットコイン) → 1千円
  • 1μBTC(1マイクロビットコイン) → 1円

※1BTC=約100万円換算

 

1μBTC(マイクロビットコイン)は約1円ってことになるのです。

 

 

つまり

 

μBTC表示=円表示

 

とほとんど考えてもよく、これはむしろユーロ表記等よりわかりやすいですね。

 

 

ビットコインで賭けるゲーム画面

では実際にカジノのゲームでプレイしてみます。

 

とりあえずライブゲームからですね。

 

 

ビットカジノのライブゲーム、ちょっとなめてましたが、意外に種類ありますね。

 

 

 

 

いろいろありますが、とりあえずひとつ立ち上げてみます。

 

 

■ルーレット

 

 

■ブラックジャック

 

 

レートはやはりμBTC(マイクロビットコイン)単位で表示されています。

 

 

 

100円から打てるテーブルもあるようですが、
このライブブラックジャックなどは「3000μ〜1,500,000μBTCというレート。

 

→ 「1ベット150万円」までいけるって、かなりのハイレートですね。

 

 

 

・・でここでは勝負せずに、別のカジノも立ち上げてみる。

 

 

 

 

このバカラにビットコインを賭けてみることにします。

 

 

 

 

 

バカラゲーム画面

 

 

 

やはり残高はマイクロビットコインで表示されていて、
マイクロビットコイン単位でBETします。

 

 

 

 

プレイ中の様子も少々・・

 

500μBTC(約500円)をプレイヤーにベット

 

 

 

バンカー1枚目

 

 

 

プレイヤー1枚目

 

 

 

バンカー2枚目

 

 

 

プレイヤー2枚目

 

 

 

バンカーの勝ちで500円すりました

 

 

 

・・って感じ。(その後も勝負は続きますが割愛)

 

 

 

ゲームによって単位表記が異なることが判明

 

他のゲームにも行ってみましょう。

 

 

 

よく見ると、このゲームは米ドル表記です。

 

 

 

このようにビットカジノでは
すべてのゲームがμBTC単位というわけではなく、

 

ゲームによっては米ドルなどの貨幣表示でプレイする

 

ようになっているようです。

 

米ドル表記のゲームはBETも米ドル単位で行います。
(それがBTC単位に自動換算されて残高に反映されます)

 

 

他のゲーム

 

 

 

こちらのゲームはμBTC表記のようです。

 

 

 

・・とゲームによって違います。

 

 

 

じゃあスロットはどうか。。

 

 

 

これはユーロ表記ですね。

 

 

 

ゲーム上はユーロですが、
画面右上にBTC単位の残高も表示されているのでわかりやすい。

 

 

 

 

他にももちろんいろいろゲームあります。

 

 

 

 

 

 

・・・以上な感じですが、イメージつかめました?

 

 

 

ビットコインでネットカジノをプレイ【ビットカジノ】

 

・・・結論から言えば全く問題ありませんでした。

 

■ビットコイン単位で賭けるゲームと、通貨単位で賭けるゲームがある
→通貨表記のゲームでは、BTC残高が通貨換算されて表示される

 

■ビットコイン残高はμBTC(マイクロビットコイン)単位で表示される
→1μBTCは約1円なのでわかりやすい

 

・・という感じで、どちらでも混乱することもないです。

 

 

このビットカジノ、ビットコインを賭けるという点だけに注目が行ってますが、
ゲーム種類も豊富ですね。日本語サポートもちゃんとある。

 

ビットコイン(か暗号通貨)を持ってないとダメですが、
ココ、結構いいんじゃないでしょうか。

 

→ ビットコインで賭けるネット上のカジノ【ビットカジノ】

 

 

・・・ビットカジノを持ってない人は「初心者おすすめカジノ」へ

 

 

 

 

 

安心の一番人気
人気急上昇