宝くじや日本のギャンブル還元率(競馬・競輪・オートレース・サッカーくじ)

宝くじ 競馬 totoなどの還元率

日本のギャンブルの還元率は世界的に見ても非常に低いことで知られています。

 

では実際にどの程度の還元率・控除率なのか?

 

下記は「宝くじ」や「競馬(公営競走)」など日本国内で可能なギャンブルの還元率の一覧です。

 

 

還元率

法律

法の目的

宝くじ

45.7 %

当せん金付証票法 地方財政資金の調達
競艇

74.8 %

モーターボート競走法

1 船舶産業の振興
2 公益の増進
3 地方財政の改善

競輪

75.0%

自転車競技法

1 機械産業の振興
2 公益の増進
3 地方財政の健全化

オートレース

74.8 %

小型自動車競走法

1 機械産業の振興
2 公益の増進
3 地方財政の健全化

競馬

74.1%

競馬法

畜産の振興

サッカーくじ(toto)

49.6%

スポーツ振興投票の実施等に関する法律

スポーツ振興に必要な財源確保

パチンコ

85%前後

-

-

(*)一部総務省のサイト(http://www.soumu.go.jp/)より情報引用

 

 

 

見ての通り、おおむね還元率75%以下となっています。

 

還元率75%ってどういうことか、簡単に言えば、

 

「(確率的には)1000円の払い戻しの時に、750円しか払い戻されない。」

 

という事です。

 

具体的な例を挙げると、例えば
「選手AとBのボクシングの試合でどっちが勝つかを当てる賭け」があったとします。

 

で、この賭けで、仮に選手Aに500円、選手Bにも500円賭けたとします。(←そんな賭け方普通はしませんが)

 

この場合、どっちが勝とうが収支±ゼロ(払い戻しは1000円)に思われますが、
還元率が75%に設定されている場合は、750円の払い戻しになります。

 

つまり250円は胴元の利益です。

 

一般的なギャンブルというのはそんな仕組みになってます。
(その様にオッズが設定されています)

 

割に合わない気がするかもしれませんが、その利益でギャンブルが運営されているので仕方ないわけです。

 

 

とはいえ、上の表を見ての通り

 

日本のギャンブルはどれをやっても胴元に25%程度以上の手数料を払っている
(だからその位の確率で負ける)

 

という事は頭に入れておいてよいと思います。

 

 

最も酷いのは「宝くじ」「サッカーくじ(toto)」還元率50%以下です。

 

還元率50%だと、もはや「1000円買った瞬間に500円捨ててる」のとそんなに変わりません。冷静に考えてみたら非常に馬鹿らしいギャンブルとも言えます。

 

 

「競馬」還元率75-80%でこれは世界の競馬と比べてそれほど変わらない様です。

 

競馬の場合は本人の予想能力・ギャンブル能力次第で勝ち越しも可能。しかし確率的には年間100万使って25万負ける計算なので、実際に年間トータルという人間は全体の2〜3%未満と言われています。

 

 

「パチンコ」は公営ギャンブルではありませんが、還元率85%程度ではないかと言われます。(店によりまちまちです)

 

パチンコは市場規模25兆円以上とも言わる程の巨大産業で、パチプロという人達が存在するように、店の選定・釘・台・開店日狙いなど、努力次第で勝つことも見込める様ですが。。

 

 

日本のキャンブルは還元率が低い・・?

これら日本のギャンブルの還元率の低さは、カジノと比べると一目瞭然です。

 

例えばカジノで人気のルーレットですが、

 

 

図の様なヨーロピアンルーレットで
赤に1000円賭けて当たった場合、払い戻しは2000円です。

 

当たる確率もほぼ50%(正確には18/37)あります

 

これを計算するとヨーロピアンルーレットの還元率は約97.3%ってことになり、
日本のギャンブルよりかなり高い還元率であることがわかります。

 

これがカジノの方が勝ちやすいと言われる所以です。

 

 

競馬には所得税が・・

公営ギャンブルの中では比較的マシに見える還元率75%の競馬(公営競走)ですが、こちらには実は落とし穴があります。

 

〜所得税・住民税がかかる日本の競馬(公営競走)〜

(*)総務省のサイトより情報引用

 

 

図を見てみると、宝くじ、サッカーくじには当選金に税金はかかりません。

 

しかし競馬・競輪など公営競走には当選金に所得税・住民税がかかります。このため実効還元率はさらに低くなります。

 

図では100万円の購入金で1億円を得た場合の例を示していますが、この場合の実効還元率は58.5%となり、宝くじと大差なくなります。

 

 

上記図をよく見ると、競馬に関しては「経費にできるのは当たり馬券購入費のみ」というのが基本ルールという事がわかります。これが競馬ユーザにとっては大きな問題です。

 

例えば馬連馬券を100万円ずつ10点購入し、1つが当たり1千万円になったとします。使ったお金は1千万円で獲得金も1千万円なので、言わば元取りです。しかし経費となるのは実際の当たり馬券に投資した金額の100万円のみという事になると、税金計算上は100万円の投資で1千万円を得たことになり、獲得した900万円に税金がかかることになってしまいます。

 

 

実は先日これに伴う脱税容疑のニュースが話題になったばかり。

 

簡単に説明すると「3年間で約28億7000万円分の馬券を買い、約30億1000万円の払戻金を得た(トータルで約1億4000万円のプラス)男性に対し、大阪地検が”約5億7000万円の税金を脱税しているので払え”」と主張する裁判。得た額以上の税金を要求されるという、、競馬をやるのが馬鹿らしくなるような裁判でした。

 

一方、当選金への税金がかからないとはいっても「宝くじ」や「サッカーくじ」の方は還元率が酷い。

 

手数料や税金をこんなに取られるのでは、日本のギャンブルで勝ち越すのはかなり厳しいですね。。

 

 

稼ぐのが目的のギャンブルなら、競馬・パチンコ・宝くじより断然カジノと言えます。

 

特に割のいいブラックジャックなどは還元率100%に近く、
手数料は殆どないに等しい!?
関連記事→ギャンブルの期待値・還元率・控除率の基礎と考え方

 

 

私はオンラインカジノでちょくちょく遊んでますが
確率通りの収支(勝ったり負けたり)にはなっています。

 

 

一番よくプレイするのは下記↓↓

★日本人でも遊びやすいベラジョンカジノ★


ブラウザで気軽に遊べて日本人スタッフによるサポートも充実(親切です)


↓↓ 無料登録はこちら ↓↓

→私もプレイしており、登録方法はこちらで紹介しています!

 

 

→次の記事「期待値の考え方とカジノ各ゲームの還元率

関連ページ

期待値・オッズについて
ギャンブルの期待値・還元率・控除率などの基本的な考え方。日本の公営ギャンブルの期待値などのまとめ
大数の法則について
カジノや競馬などギャンブルで勝負する以上「大数の法則」の考え方は絶対に知っておく必要があります。大数の法則とは、簡単に言えば「同じ事を何度も何度もくり返すとだんだん平均値に近づいてくる」という法則で、 これをギャンブルに当てはめると、「勝負すればするだけ収支は還元率に近づいていく」事になります。
独立事象について
オンラインカジノフロンティアではオンラインカジノの遊び方から日本語対応オンラインカジノの徹底比較、ギャンブル攻略法の研究を日々続けています。
出目を読む戦術は有効か
オンラインカジノフロンティアではオンラインカジノの遊び方から日本語対応オンラインカジノの徹底比較、ギャンブル攻略法の研究を日々続けています。

ベラジョンカジノ

サイト管理人:HIDE

ギャンブルは競馬中心。カジノはラスベガス、ニュージーランド、マカオなど経験。パチンコは完全に負けてますが(最近やらない)、競馬とカジノは何とか勝ち越してると思います。

トップページ 日本語カジノ徹底比較 オンラインカジノの信頼性 ギャンブル攻略法 $100勝負で勝てるか?