独立事象(確率論的独立性)について

独立事象(確率論的独立性)について

ギャンブルで勝負する上で「独立事象」(確率論的独立性)の考え方についても知っておく必要があります。

 

〜独立事象とは〜
2つの事象が独立といった場合は、片方の事象が起きたことが分かっても、もう片方の事象の起きる確率が変化しないことを意味する。

※ウィキペディア(確率論的独立性)より引用

 

 

これを例えば「ルーレットの出目」に当てはめてみると

 

「ルーレットの出目は常に独立している」(つまり過去の出目とは関係がない)

 

という原則が存在します。

 

ルーレットの数字は赤が18個、黒が18個。

 

「ゼロ」を除いて考えた場合、「赤」が出る確率は50%、「黒」が出る確率も50%です。

 

ここまではいいとして、

 

あるとき「赤」が5回連続して出現したとします。

 

この時、下記の様に考える人も多いと思います。

 

 

次に赤がくれば6回連続だな。

 

赤が6連続する確率は 1/2 * 1/2 * 1/2 * 1/2 * 1/2 * 1/2 = 1/64、たったの1.5%しかない。

 

だから次は黒の確率が高い!


 

 

しかしこの考えは間違えです。

 

実際は独立事象の原則があるため、

 

いくら「赤」が連続しても、次に「黒」が出る確率はやはり1/2(50%)なのです。

 

 

つまり

 

  • 赤が連続し始めぞ。赤の流れだ
  • 黒が7回も連続した。いいかげん次は赤だ

 

といった過去からの推測は、基本的には確率上の根拠はないと言えます。

 

ギャンブルにはこの「独立事象の原理原則」があることは覚えておいた方がよいかもしれません。

 

しかしギャンブラーは独立事象なんか気にしない

一方、これを分かった上で、独立事象などは深く考えないというのも1つの手です。

 

実際にプレイする上で、やみくもに賭けるよりは、過去の出目でも見ながら予想した方が楽しめるのも事実。過去の結果を研究して予測していくプロセスは、むしろギャンブルの醍醐味ともいえます。

 

またギャンブルには不思議と「流れ」というものがあり、流れを読むのもまたギャンルの楽しさです。だから「過去の出目を見るのは全く意味が無い」とは言い切れない様に思います。(→関連記事「リズムが流れを読んでBETするのは有効か?」)

 

 

関連ページ

日本のギャンブル還元率
宝くじや公営競走(宝くじ・競馬・競輪・オートレース)、サッカーくじ(toto)など、日本国内で可能なギャンブルの還元率・期待値などのまとめと税金について
期待値・オッズについて
ギャンブルの期待値・還元率・控除率などの基本的な考え方。日本の公営ギャンブルの期待値などのまとめ
大数の法則について
カジノや競馬などギャンブルで勝負する以上「大数の法則」の考え方は絶対に知っておく必要があります。大数の法則とは、簡単に言えば「同じ事を何度も何度もくり返すとだんだん平均値に近づいてくる」という法則で、 これをギャンブルに当てはめると、「勝負すればするだけ収支は還元率に近づいていく」事になります。
出目を読む戦術は有効か
オンラインカジノフロンティアではオンラインカジノの遊び方から日本語対応オンラインカジノの徹底比較、ギャンブル攻略法の研究を日々続けています。

ベラジョンカジノ

エンパイアカジノ

サイト管理人:HIDE

ギャンブルは競馬中心。カジノはラスベガス、ニュージーランド、マカオなど経験。パチンコはおそらく負けてますが(最近やらない)、競馬とカジノはトータル勝ち越してます。

オンラインカジノの信頼性 ベラジョンカジノ紹介 ★人気ゲーム紹介★ 様々なギャンブル攻略法 実プレイ$100勝負